家族葬と密葬はどのような点に違いがあるのか

category01

家族葬と密葬は、どちらも亡くなった人の家族やごく近い親戚で執り行う葬式である点で一緒であるため、同じような形式と考えられることが少なくありません。
しかし、それは誤りであり、これら2つの葬儀の形式は本来まったく異なるものです。



まず、家族葬は、参列者の数は少なく、式場もあまり広くない所を使うだけで、葬儀自体は一般的なものと同じ流れですすめられていきます。

Yahoo!ニュース情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

プランによっては火葬を済ませた後、そのまま納骨を行うこともあります。一方、密葬の場合は、近親者のみに亡くなったことを知らせて葬儀を行うところまでは家族葬と一緒ですが、そこで完結するのではなく、後日本葬を執り行うのが家族葬との大きな違いです。
本葬は、偲ぶ会やお別れの会とも銘打たれることがあり、四十九日の前後の時期に葬儀場のホールやホテルの宴会場などといった広い会場を借りて、多数の人の参列のもとで行われます。
密葬と本葬の2度行う形式は、有名芸能人や政財界の有力者だった人など、仕事やプライベートを通じて多くの人と繋がりを持っている人が亡くなったときに選ばれることが多いです。



家族葬は、一般的な形式の葬儀を行えるだけのお金を用意できないといった経済的な理由がある場合や、親族の人数自体が多くなかったり、生前に人との付き合いがあまり多くなかった場合に選ばれることが多いですが、中には故人が生前に希望していたという理由から、あえて密葬の形を選ばずにこちらの形式が選ばれることもあります。

社会の話

category02

葬式の中には、家族のみで行う葬儀として家族葬があります。こちらに起きましては、ご友人や、会社関係者様等の人をお招きしないようにし親戚一同のみで葬儀を行うことになります。...

subpage

社会関係の情報

category02

家族葬に注目が集まる中、これから自分や家族の葬儀をどうするか検討している時には価格以外にも注意しなくてはいけないことがあります。高い葬儀費用を抑えたいと思って選ぶ方もいるのですが、基本的にはその名の通り参列するのは家族や親戚など近親者のみです。...

subpage

納得の事実

category03

メディアでも見かけるようになった葬儀の一つとして家族葬が気になっている方もいるかもしれませんが、誰もがまず考えているのは葬儀費用をかなり抑えられるということでしょう。これまでの葬儀だと、平均しても100万円は超えるような費用でしたから、急にそれだけのお金をねん出するのは本当に大変なことでした。...

subpage

社会の特徴

category04

家族葬とはその名の通り、家族や親しい身内のみで葬儀を行うお葬式の事を言います。あまりお付き合いのない弔問客にかこまれた形式的な葬儀を敬遠されている方が希望することが多いです。...

subpage